不安にならない訪問マッサージ

訪問マッサージで歩けるようになる?

寝たきりにならない為に

病気や怪我で入院して長く寝たきりでいると、筋肉は少しずつ衰えていき、歩けないようになってしまいます。筋肉は、使わないでいると、まず筋力が低下していくからです。その状態が長く続くと、筋肉が硬くなり、動かすと痛みが出ます。痛いので動かさないでいると、それだけで筋肉が硬くなるという、悪循環が生まれてしまうのです。まずは埼玉県上尾市 リハビリでベースから整えていくというのも良いですね。

筋肉を動かす訓練から始めて、まずは筋肉を柔らかくして、動かしやすくすることが先決です。痛みなく筋肉が動くようになると、今度は筋力をつけるために少しずつ筋肉に負荷をかけていき、最終的には立ち上がって歩いてトイレに行けるようになることができるようになります。これが寝たきりの方が歩けるようになるまでの道筋です。

そこで、まずマッサージや鍼灸の施術で、血行を良くして筋肉を柔らかくします。そしてゆっくりと足を動かすことで、硬くなっている筋肉や関節を少しずつ伸ばしてほぐしていきます。そして、安定した歩行をするためには、お尻や腿の筋肉の筋力アップが必要です。大阪 訪問マッサージで杖を使わずに歩けるようになったという声も聞かれますから、諦めない事も大切ですね。

筋肉をつける必要がある

筋力を強くするには、痩せた筋肉を太くしながら、その筋肉に合った負荷をかけながら、少しずつ筋力をつけていかなければなりません。

また、固まった筋肉を動かすには、筋肉を柔らかくしてからでないと筋肉が炎症を起こしてしまいますので、そうならないために、まずは血流を良くして筋肉を柔らかくしてからでないといけません。さらに血流を良くすることで、筋肉の老廃物を排出し、栄養分を運んでくるので、筋肉が太くなりやすくなります。

このように筋肉の準備ができたうえで、立ったり歩いたりするのに必要な筋肉を上手に使えるように訓練を重ね、歩けるようになるのです。1つの方法として神奈川 気功治療で体の変化を感じたという話もあるようですよ。

訪問マッサージに関するお勧め(PR)

日本訪問マッサージ協会孫の手倶楽部株式会社日本エルダリーケアサービス
高齢者やそのご家族によりよいサービスを提供してくれる協会です。出来る限り自立した生活がおくれるようサポートしてくれます。通院困難な方から支持されている医療保険も対象になる訪問マッサージです。